日本のライフスタイルについて知っておくべきことすべて

日本のライフスタイルについて知っておくべきことすべて 

最近、私は世界のさまざまな地域の読者と連絡を取り合っています。アメリカ出身の方もいらっしゃいましたし、日本とその伝統についておもしろい質問をされたので、とても面白くてワクワクしました。 

FAQページで送信されたすべての質問を受け入れることができるようになるまでに約3日かかりました。私に送られた質問を読んで、私は質問の大部分が日本、その伝統、そして文化についてであることに気づきました。それで、今日、私は私の国についての興味深い事実と情報についてのブログ投稿を作成することに決めました。 

他の東アジア諸国と同様に、日本は長年にわたって発展してきた豊かな文化遺産を特徴としています。民間伝承やその他の古代の信念は今日でも人々の間に浸透しているので、現代と伝統の日本の間には興味深い融合があります。 

このブログを読んでいるということは、日本文化についてもっと知りたいということです。この投稿では、あなたが私の国について知っておくべきすべての興味深い一口と、それをユニークにするさまざまな信念をまとめました。 

私たちは長老たちに身をかがめます 

他の国では、若者は彼らの長老たちにさりげなく挨拶します。しかし、ここ日本では、私たちは彼らに身​​をかがめ、彼らの手にキスをして、祝福と尊敬を求めます。この種の慣習は、他のアジアの文化にも異質ではありません。なぜなら、彼らにもこの伝統のバージョンがあるからです。 

フィリピンのような国では、「マノ」と呼ばれる言葉があり、額の長老の手に触れます。一方、インドやパキスタンなどの南アジア諸国では、若い人たちが両親の足に触れて愛と尊敬を示しています。 

日本では、お辞儀は腰にヒンジを付ける必要があり、お辞儀が低いということは、年長者への敬意が深くなることを意味します。 

玄関先で靴を脱いで「おじゃまします」と言う

日本では、靴を脱がずに誰かの家の中を歩くのは失礼とされています。日本の信念によれば、履物を脱がずに誰かの家に入ると、偽物を犯します。また、誰かの家の中を歩くときは、「おじゃまます」と言うべきです。これは、侵入して申し訳ありません。 

通りを歩いている間は飲んだり食べたりしないでください 

アメリカの文化では、人々が食べたり飲んだりしながら通りを歩くことは認められています。しかし、日本では、歩きながら食べたり飲んだりするのは失礼だと考えられています。自動販売機で飲み物を飲んでも、他人を怒らせないように一か所で飲む必要があります。 

両手でギフトや名刺を 

贈る人にプレゼントをするときは、必ず両手を使って頭を少し下げて贈りましょう。あなたが贈り物を受け取ろうとしているときも同じことが言えます。これを行うことは、あなたが他の人々との関係を尊重し、伝統を尊重していることを意味します。  

モシモシで電話に出る 

日本では、電話に出る最も一般的な方法の1つは、「モシモシ」と言うことです。このフレーズは、「話す」から「言う」を意味する世界の「モス」に由来します。一般的な翻訳では、「今から話をします」という意味です。 

アイコンタクトと身体的接触が少ない 

西洋文化では、アイコンタクトを壊すことはしばしば失礼と見なされます。しかし、日本の文化では、他の人とアイコンタクトをとることは失礼です。さらに、特にあなたが挨拶している人と親密でない場合、敏感であることも無礼と見なされます。パートナーとの親密な物理的接触も不適切と見なされます。 

日本のボディーランゲージを学ぶ 

日本文化について知っておくべき最も重要なことの1つはボディーランゲージです。ほとんどの日本人はボディーランゲージでコミュニケーションを取ります。通常、頭をかいたり、恥ずかしそうに見下ろしたりすることは、日本では何かを意味します。日本でよくあるもう1つのジェスチャーは、手を前後に振ることです。つまり、申し出を拒否しているということです。 

言語は日本文化の文脈です日本文化 

について知っておくべきもう一つのことは、誰かを完全に断ることは失礼だと考えられているということです。通常、人々は質問にすぐに答えないことによってこれを行います。しかし、それは日本の人々、特に高齢者の文化にすぎないので、この失礼を考慮しないでください。 

日本人は話している間に話し 

ます日本人の間で気付くのは、話している間に介入する可能性が高いということです。通常、彼らは「un un un」や​​「ええ、ええ」などの反応を言うでしょう。これは日本人の一般的な反応です。 

新幹線にやさしい突き出しを期待する 

日本で新幹線に乗っているときは、あちこちでやさしく微調整することを期待してください。これは、電車が混雑していることが多く、中に入るために人が優しく押す傾向があるためです。 

分割はカップルの間で一般的です 

日本では、請求書の分割はカップルの間で一般的です。それは「ワリワカン」と呼ばれ、「均等に分割する」ことを意味します。これは、グループで一緒に食事をしている人々にも当てはまります。 

誰かがくしゃみをとすみませんと言わ 

するれる公共の場でくしゃみをすると、西洋文化の「祝福」に相当する「すみません」とよく言われます。すみませんはすみませんという意味の言葉です。

休日の祝い方が異なります日本の

日本ではクリスマスの祝い方は世界とは異なります。通常、それはロマンチックなデートに行きたいカップルのために予約された日です。バレンタインデーの間、女の子は男にチョコレートを与え、それから男は3月14日に同じことをします。新年の場合、家族は通常、家を上から下まで掃除して、家の幸運と繁栄を招きます。 

日本人はヒントを与えない 

欧米諸国では、顧客がヒントを与えるのが一般的です。ただし、このタイプの練習は適用されません。あなたがテーブルにチップを残すと、従業員はあなたがあなたのお金を残したと思うでしょう。 

日本にはゴミ箱はありません日本のありません

ほとんどの都市に散らばっているゴミ箱はほとんど。それにもかかわらず、この国は依然として世界で最もきれいな場所の1つと見なされています。人々は自分のゴミ箱を持ってきて、家に帰ったときにそれを分離するように訓練されています。 

誰かがあなたに贈り物をするとき、あなたはジェスチャーを返すべき 

です日本で誰かがあなたに贈り物をするとき、あなたは贈り物の価値の50%で贈り物をすることが期待されています。日本の文化では、通常、おかえしと呼ばれています。

「今のビール」

日本で夕食をとるとき、最もよく使われる表現の1つは、「今のビール」を意味する「トリアバズビル」です。すぐに夕食を食べたくない場合は、仲間にこの行を言うことで丁寧に断ることができます。 

寿司には独自の文化があります 

日本では、寿司は人々の心の中で特別な場所を持っています。通常、このおいしい料理は日本人の間で独自の文化を持っています。一般に信じられていることとは反対に、さまざまな種類の寿司があります。握り寿司、刺身などがあります。 

また、レストランで寿司を注文する場合は、名前が似ているものもあるので、注文できる種類を覚えておく必要がありますが、実際には2種類の寿司です。 

いつも「イタダキマス」と言う

イタダキマスは、日本でよく耳にする表現の1つです。通常、このフレーズは「bonappetit」を意味します。他の人と食事をしている場合は、これを言って手をたたくのが常に礼儀正しいです。食べた後はいつも「ごちそうさまでした」と言いますが、これは「お食事ありがとうございます」という意味です。 

食事中に音を立てるのは奨励されますいるため、食事中に音を立てるの 

他の国では、失礼と見なされては奨励されていません。しかし、日本では、このような態度は、あなたが食べている食べ物を愛していることを示しているため、実際に奨励されています。通常、人々は音を立てて食事をし、「うまい」などの頻繁な表現をします。これは素晴らしいことを意味します。または「おいしい」はおいしいという意味です。 

箸のエチケットに気をつけてください 

日本人がとてもこだわっているのは日本のエチケットです。通常、彼らは箸の使い方に関して異なる信念を持っています。たとえば、お箸を使ってご飯にまっすぐに貼り付けることは、運が悪いことを意味するため、許可されていません。 

着物は日本文化の重要な服装です。日本人 

は着物、つまり女性が伝統的なイベントで着る複雑な服に誇りを持っています。通常、この服を作ることは、表面にステンシルで印刷された複雑なディテールとパターンのために芸術と見なされます。 

通常、着物はお祭りや夏に着られます。それはしばしば木製のサンダルとペアになっています。 

日本はバスルームのエチケットを真剣に受け止めていますバスルーム 

日本人はに関しては非常に肛門的です。通常、ビデ、ヒーター付きシート、洗濯乾燥機能を備えた複雑なトイレがあります。日本の高級コンフォートルームには、あなたと話すことさえできるトイレがあります。 

日本についてもっと知りたい場合は、私のブログを読んで、私のページを購読してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です