英語 × あそぶろぐ

【英語 × あそぶろぐ】 英会話に役立つ「1日1フレーズ」洋書・洋楽・マンガ・ライフスタイル・洋画・料理・DIYの情報と英語を楽しく学ぶ

Fri. 映画

【たられば(~だったら・~していれば)】の英語表現:映画「ズートピア」で英会話

投稿日:

先週の映画カテゴリーでは、【I'm here to(~をしに来ました)】の英会話フレーズを学びました。今週も「ズートピア」の映画で、「【たられば(should have・would have・could have)】の英語表現」をご紹介いたします。

【I'm here to(~をしに来た)】の英語表現:映画「ズートピア」で英会話

先週の映画カテゴリーでは、【Deal(分かったよ)】と【It's not a big deal(大し ...

続きを見る

スポンサーリンク

映画の台詞をリスニング!

映画の予告編動画でネイティブスピーカーの発音を聴いてみましょう。


出典:Walt Disney Animation Studios

たられば(should have・would have・could have)の英会話フレーズ

動画の0:48辺り、ニックがジュディに対して言った台詞です。ちょうど前回ご紹介した「I'm here to~」のフレーズの直後に返答している場面です。

Then they should've gotten a real cop to solve it.(事件を解決したいなら、本物の警官を連れて来るべきだったな)

映画の中では「まともな警官が捜査すればいい」みたいな意訳だったと思います。ウサギの警察官では当てにならない、頼りにならないという気持ちが込められ皮肉っぽいですね。

should have+過去分詞形(~すべきだったのに)

ここで注目してほしいポイントは「should have~」の文法です。「should」は「~すべき」という動詞にくっつく助動詞。これに「have」を加えると「~すべきだった」という過去の意味になります。実際はしなかったけどこうしたらよかったという、後悔の念が含まれていることが重要です。

テレビドラマで流行った「東京タラレバ娘」をご存知でしょうか?「もし○○だったら良かった」「あのとき○○していれば良かった」などと、「たられば」話で盛り上がってましたね(笑)この「たられば」は英語でも同様の表現ができるんです。先ほど紹介した「should have(~すべきだった)」もそのひとつ。

would have+過去分詞形(~だったのに・~だったはず)

学校教育でも習った「仮定法」で「たられば」を表現できます。この「would have」には、「if~(もし~なら)」という仮定の意味が省略されています。単なる仮定の場合は「will(~するつもりだ)」という未来を示す助動詞を使いますが、ここでは過去の事実を悔やんでいるので「would have(~だったはず)」を用います。

could have+過去分詞形(~できたのに)

「can(~できる)」という助動詞に「have」をくっつけて、「could have(~できたかもしれない)」と過去を振り返ることもできますね。「~すれば~できた(実際は~していない)」というニュアンスが含まれています。

shoulda woulda coulda(たられば・今更仕方ない)

上記3フレーズの短縮形を繋げれば、日本語の「たられば」とまったく同じ意味になります。「たられば」言っても、今更どうにもならない・仕方ないと伝えるフレーズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ
英語&英会話
にほんブログ村テーマ 毎日コツコツ!英語学習へ
毎日コツコツ!英語学習

-Fri. 映画

Copyright© 英語 × あそぶろぐ , 2018 AllRights Reserved.