英語 × あそぶろぐ

【英語 × あそぶろぐ】 英会話に役立つ「1日1フレーズ」洋書・洋楽・マンガ・ライフスタイル・洋画・料理・DIYの情報と英語を楽しく学ぶ

Thu. ライフスタイル

海外ママに学ぶ!「褒める子育て」で子供を伸ばすポイント

投稿日:2017-01-26 更新日:

今月のテーマが「New Year」なので、新年の抱負・決意を考えてみました。今年は海外の子育てに学んで、自分の育児にも取り入れてみようという内容です。

スポンサーリンク

海外育児に学ぶ「褒める」ことの大切さ

前記事のDIYカテゴリーでも少しお話したのですが、育児について見直さなければと思っています。長男(小2)の反抗心が年々強くなり、手を焼いています。今年は、子供に対する接し方や育児の方法を変えていきます!

子供のやる気を出す方法:Chore Chartでご褒美作戦!

今月のテーマは、New Year!年が明けて、新年の抱負や目標は立てられましたか?

続きを見る

海外の子育て事情はこんなに違う!

日本人は周りを気にして、よく謙遜しますよね。自分の子供が褒められても、堂々と「そうです、自慢の子です!」なんてなかなか言えません。一方で、欧米の場合は正反対で人前でも自分の子をきちんと褒めてあげています。

文化の違いと言えばそうなんですが、「褒める」ことは子育てをする上でとても重要なポイントだと思います。褒められる=認められることに繋がります。認められることにより、②自信を持つようになります。自信が積み重なると、③向上心も芽生えます。

しかし、ただ単に褒めまくれば良いってものではありません。まだ1歳児ぐらいの子でしたら良いでしょう。大きくなってもそのような褒め方を続けていると、その子の為にはなりません。家庭から学校、やがて社会に出たときのための「生きる力」が身に付かないのです。

生きる力とは

我々はこれからの子供たちに必要となるのは、いかに社会が変化しようと、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力であり、また、自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性であると考えた。出典:Wikipedia

では、どのようにして「褒める子育て」をやっていけばいいのか?まず、以下のやってはいけない褒め方をご覧になってみてください。

「褒める子育て」でやってはいけないこと

むやみやたら過剰に褒める(甘やかされているだけ)

人と比べて褒める(劣等感や優越感を持ってしまう)

結果ばかりを褒める(親の顔色を伺ってしまう)

きゃない
ついやりがちな3パターンですよね。私の褒め方もまさにこれに当てはまっていました…。

これを踏まえて、やってほしい褒め方をご紹介します。

子供を伸ばす「褒める子育て」はコレ!

すぐ具体的に褒める

努力した過程を褒める

感謝の気持ちで褒める

過剰な褒め方→ポイントを絞って具体的に褒めることに変えましょう。「凄いね、上手だね!」よりも「○○出来るなんて、凄いね!」と伝えます。子供は忘れてしまうので、間を置かずにすぐ声を掛けることも大事です。

人と比べる・結果ばかりの褒め方→その子自身の努力の過程を褒めることに変えましょう。自分の成長に気付き、向上心に繋がります。

もう一つ取り入れてほしいのが、「ありがとう」の気持ちをこめて褒めること。子供はママが大好きなんです。「○○してくれたなんて助かったよ、ありがとう!」と聞けば、子供は喜んでモチベーションが上がります。

 

Point
褒める子育てにも、メリット・デメリットはあります。子供の為になる、本当の良い褒め方を実践できるかどうかですね。

 

 

にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ
英語&英会話
にほんブログ村テーマ 毎日コツコツ!英語学習へ
毎日コツコツ!英語学習
にほんブログ村テーマ 子育てを楽しもう♪へ
子育てを楽しもう♪
にほんブログ村テーマ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活

-Thu. ライフスタイル

Copyright© 英語 × あそぶろぐ , 2018 AllRights Reserved.