英語 × あそぶろぐ

【英語 × あそぶろぐ】 英会話に役立つ「1日1フレーズ」洋書・洋楽・マンガ・ライフスタイル・洋画・料理・DIYの情報と英語を楽しく学ぶ

Mon. 本

【stand for(~を表す・象徴する)否定形で(我慢できない)】の英語表現:「おさるのジョージ」イラストでアルファベットの覚え方【W・X】

投稿日:

先週の本カテゴリーでは、「【nuisance(迷惑・面倒・厄介)】の英会話フレーズ」と「【U・V】のアルファベットの覚え方」を学びました。今週も「おさるのジョージ」で、「【stand for(~を表す・象徴する)否定形で(我慢できない)】の英会話フレーズ」と「イラストでアルファベットの覚え方【W・X】」をご紹介いたします。

【nuisance(迷惑・面倒・厄介)】の英語表現:「おさるのジョージ」イラストでアルファベットの覚え方【U・V】

先週の本カテゴリーでは、「【run over】の英会話フレーズ」と「【S・T】のアルファベットの覚え ...

続きを見る

スポンサーリンク

アルファベット「W」の覚え方

アルファベットの「W」は、おひげ(Whiskers)。大文字の「W」大きなヒゲ(Whiskers)小文字の「w」小さなヒゲ(whiskers)。セイウチ(Walrus)にはヒゲ(Whiskers)がある。

ヒゲ(whiskers)を生やした男の人もいるし、猫にもヒゲ(whiskers)がある。ジョージにはヒゲ(whiskers)がないけど、もしヒゲ(whiskers)があったらどんな感じなのかと知りたがった。

アルファベット「X」の覚え方

「X」の大文字も小文字も形は一緒、大きいか小さいかの違いだけ。「W・V・U・S」の大文字と小文字とまったく同じだね。「X」から始まる言葉は少ないんだ、と黄色いおじさんは言う。クリスマス(Xmas)を除いてはね!

サンタさんは、クリスマス(Xmas)の象徴だね。サンタさんは一人しかいないから、「X」を使ったサンタさんのイラストもひとつでいいね。「クリスマス(Xmas)ってワクワクする!」とジョージは思った。

「stand for(~を表す・象徴する)否定形で(我慢できない)」の英会話フレーズ

次の本文を見て「stand for」のイディオムを学んでいきましょう。

Santa stands for Xmas.(サンタさんはクリスマスの象徴です)

stand for~(~を表す・~を象徴する・~の略である)

直訳の「~のために立っている」から、「~を表している」という意味になります。何かのシンボル(象徴)や代表を指したり、省略された言葉の略を説明する場合にも用いられます。

USJ stands for Universal Studios Japan.(USJはユニバーサル・スタジオ・ジャパンの略です)

won't stand for~(~を我慢できない・耐えられない・容認できない)

「stand for」には「表す」という日本語訳の他に、「我慢する・容認する」という意味もあります。その状況や振る舞いや態度に対して、否定形で使われます。否定形は「can't」ではなく、「won't 」か「be not going to」の未来系を使います。

I won't stand for his behavior.(彼の態度に我慢できない)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ
英語&英会話
にほんブログ村テーマ 毎日コツコツ!英語学習へ
毎日コツコツ!英語学習

-Mon. 本

Copyright© 英語 × あそぶろぐ , 2018 AllRights Reserved.