英語 × あそぶろぐ

【英語 × あそぶろぐ】 英会話に役立つ「1日1フレーズ」洋書・洋楽・マンガ・ライフスタイル・洋画・料理・DIYの情報と英語を楽しく学ぶ

Mon. 本

【as(~のように・通りに)】【過去形と現在完了形】英語の違い:おさるのジョージ「Curious George rides a bike」で英会話

投稿日:2017-09-25 更新日:

前回の本カテゴリーでは、「【bring】【take】(持っていく)英語の違い」を学びました。今週も「おさるのジョージ」の絵本で、「【as I have been told(言われたように・言われた通りに)】の英会話フレーズ」と「【過去形と現在完了形】英語の違い」をご紹介いたします。

今までの「本カテゴリー」一覧はこちら

【bring】【take】(持っていく)英語の違い:おさるのジョージ「Curious George rides a bike」で英会話

先週の本カテゴリーでは、「【食べ物で遊ばないで!】親子で育児英語フレーズ」と「【~遊び】の英語表現」 ...

続きを見る

スポンサーリンク

【as I have been told(言われたように・言われた通りに)】の英会話フレーズ

ジョージが黄色いおじさんの家にやってきて、3周年が経った今日。ジョージはおじさんから、ずっと欲しかった自転車をもらいました。おじさんの留守中は家の周りだけで遊ぶように言われたけど…そんなこと忘れてジョージは新聞配達を手伝い始めます(笑)

He started to deliver the papers on one side of the street as he had been told.(ジョージは言われたように、通りの片側から新聞を配り始めました)

文章の「as he had been told(言われたように)」に注目してみましょう。

as I have been told(言われたように・言われた通りに)

ここでの「as」は「~のように・通りに」という意味。絵本の本文ではジョージが主語なので、代名詞「he」が用いられています。また主文が「started」という過去形のため、「as」以下の副文も時制の一致で「had」の過去形になっています。

【過去形と現在完了形】英語の違い

POINT
「be動詞+過去分詞形(~される)」という受動態が、さらに「have+過去分詞形(現在完了)」になっています。

①【be動詞+過去分詞形】I was told(言われた)

→②【have+過去分詞形】I have been told(言われた)

→③【主文との時制の一致】I had been told(言われた)

日本語に訳してしまえば、3つの英文すべてが「言われた」と同じです。③の「時制の一致」は主文と動詞の形を合わせたもので文法上の決まり。でも、①と②って一体どんな違いがあるのでしょうか?

ややこしいので受動態を取り除いて考えると…①は単なる過去形で、今から離れた遠い過去を表している。②は現在完了形で、最近起こった過去を表している。

絵本の内容に当てはめると、ジョージは少年に出会い新聞配達を頼まれた→そしてすぐ新聞配達を始めた。少年に言われたことは「ついさっき、起こったこと(現在から近い過去)」ですね。なので、ここではただの過去形でなく現在完了形が使われているのです。

きゃない
過去形よりも現在完了形を使えば、最近起こったことをより身近にリアルに生き生きと表現できるニュアンスです。季節を表すときも「Fall has come!(秋がやってきた)」と現在完了形を用います。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ
英語&英会話
にほんブログ村テーマ 毎日コツコツ!英語学習へ
毎日コツコツ!英語学習

-Mon. 本

Copyright© 英語 × あそぶろぐ , 2018 AllRights Reserved.