英語 × あそぶろぐ

【英語 × あそぶろぐ】 英会話に役立つ「1日1フレーズ」洋書・洋楽・マンガ・ライフスタイル・洋画・料理・DIYの情報と英語を楽しく学ぶ

Mon. 本

【make(~させる)】使役動詞の英語:「おさるのジョージ」イラストでアルファベットの覚え方【I・J】

投稿日:

先週の本カテゴリーでは、「【used to(~していた)get used to(~に慣れる)】の英語表現」と「イラストでアルファベットの覚え方【G・H】」を学びました。今月も「おさるのジョージ」の絵本を使って、「【I・J】のアルファベットの覚え方」と「make(~させる)の使役動詞」についてご紹介いたします。

【used to(~していた)get used to(~に慣れる)】の英語表現:「おさるのジョージ」イラストでアルファベットの覚え方【G・H】

先週の本カテゴリーでは、「【on fire】に関する英語表現」と「イラストでアルファベットの覚え方【 ...

続きを見る

スポンサーリンク

アルファベット「I」の覚え方

大文字の「I」は下に伸びた長い線、つらら(Icicle)のようです。小文字の「i」は上に点があって、イグアナ(iguana)みたい。トカゲのようなイグアナは氷(ice)が苦手。ジョージと一緒で、暖かい日向ぼっこが好き。

アルファベット「J」の覚え方

大文字の「J」はジャガー(Jaguar)。ジャガーはジャングル(Jungle)に住んでいます。ジョージも以前住んでいたので、ジャングルを知っています。

小文字の「j」は、びっくり箱(jack-in-the-box)。ジョージはおもちゃのびっくり箱を持っています。ジョージはそれを飛ばして(jump)遊ぶのがただ(just)大好き。

【make(~させる)】使役動詞の使い方

びっくり箱のページに出てきた英文に注目してみましょう。ジョージとびっくり箱について書かれている文章です。

He just loved to make it jump.(彼はただそれを飛ばして遊ぶのが大好き)

ここでの「make」は単に「作る」という動詞ではなく、「~をさせる」という使役動詞になります。直訳すると、「彼(ジョージ)は、それ(びっくり箱)をジャンプさせることがただ大好き」という意味。

make+人/物+動詞の原形(人/物に~をさせる)

自分が何かに対してその行動を促した場合に使います。人や物の後に前置詞は不要で、そのまま動詞の原形を置きます。この「make」の「させる」には、強制の意味合いが含まれています。対象の人や物の意思に関係なく、こちらが強要しているニュアンスがあります。

例文のびっくり箱は、それ自体が飛ぼうという意思を持ってジャンプしているわけではありません。なので、「make」の強制の「させる」を使っているということです。

I made my kids go to bed earlier.(子供たちを早く寝かせた)

きゃない
なかなか寝ようとしない息子たちを、何とか早く寝かせようといつも必死です(笑)息子たちは寝たくないので、強制の「make」が使えますね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ
英語&英会話
にほんブログ村テーマ 毎日コツコツ!英語学習へ
毎日コツコツ!英語学習

-Mon. 本

Copyright© 英語 × あそぶろぐ , 2018 AllRights Reserved.