英語 × あそぶろぐ

【英語 × あそぶろぐ】 英会話に役立つ「1日1フレーズ」洋書・洋楽・マンガ・ライフスタイル・洋画・料理・DIYの情報と英語を楽しく学ぶ

Mon. 本

【cat(猫)】動物に関する英語熟語:「Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?」で英会話

投稿日:2017-07-17 更新日:

先週の本カテゴリーでは、「【horse(馬)】動物に関する英会話フレーズ」について学びました。今週も「Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?」の絵本で、「【cat(猫)】動物に関する英会話フレーズ」をご紹介いたします。

【horse(馬)】動物に関する英語熟語:「Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?」で英会話

先週の本カテゴリーでは、「【bird(鳥)】動物に関する英会話フレーズ」について学びました。今週も「 ...

続きを見る

スポンサーリンク

【cat(猫)】動物に関する英会話フレーズ

前回の「Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?」では、「黄色いアヒル」と「青い馬」が出てきました。その後のお話には、「緑のカエル」と「紫の猫」が登場します。今回は「cat(猫)」に関する英語熟語をチェックしてみましょう。

They are like cats and dogs.(彼らは犬猿の仲だ)

仲が悪いことを「犬猿の仲」と、日本語では犬と猿の動物に例えています。一方、英語では「be like cats and dogs」で、猫と犬が仲が悪い様子に例えられています。国によって、例える動物が違うのが面白いですよね。

cat burglar(泥棒)

「burglar」だけでも「泥棒」という意味ですが、「cat」が付くと壁や屋根を伝って窓など、高い場所からそっと侵入する泥棒のこと。人が寝静まる夜間に行われる場合が多いようです。猫が身軽に高いところへジャンプする姿が、窓から侵入する泥棒に例えられています。

fat cat(金持ち・有力者)

「fat cat」は直訳すると「肥った猫」。裕福で金持ちなご主人に飼われている猫は、贅沢して肥っているイメージがありますよね。「fat cat」のスラングは、「お金持ちの人や有力者」を指しています。もちろん否定的な意味で、新聞記事などの見出しでも使われている言葉です。

copycat(人の真似をする人・真似っこ・猿真似)

他人の真似ばかりする姿を、日本語では「猿真似」と表現します。しかし、英語では猿ではなく「cat(猫)」に例えられています。先程の「犬猿の仲」でも猿でなく猫だったので、同じで覚えやすい気がします。

Point
「cat」が付くイディオムは、あまり良い意味では用いられていません。猫には、ずる賢いような悪いイメージがあるのかもしれませんね。

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 英語&英会話へ
英語&英会話
にほんブログ村テーマ 毎日コツコツ!英語学習へ
毎日コツコツ!英語学習

-Mon. 本

Copyright© 英語 × あそぶろぐ , 2018 AllRights Reserved.